再掲載:シリコンスポンジとは?

siliconespongeball

シリコンスポンジとは…

広義ではシリコンを原料として架橋剤や発泡剤などの添加剤を混練し、直圧や押出などの成型方法を用い、加熱による発泡剤の熱分解によりガスを発生させることにより、シリコンを多孔性の構造にしたものです。
狭義では独立気泡と連続気泡の2種類に分かれ、さらに発泡方法にも種類があります、後述。

“再掲載:シリコンスポンジとは?” の続きを読む

単泡スポンジについて

Closed-Cell

三清ゴムで作っている成型ゴムスポンジは単泡→
単独気泡(たんどくきほう)と呼ばれる気泡状態で形成されています。

そもそも発泡品は気泡の集合体で形作られるわけなんですが、
単独気泡とはその気泡同士が単独で集合している状態なんです。

気泡同士が繋がっていないので、基本的に水などを通しません。
そして程よく振動を吸収しますし、衝撃を吸収するということは音も吸収します、つまり吸音もできます。
あとは水を通さないので水に浮きますね。

水に浮くっていうのが結構ポイントになってきます。

“単泡スポンジについて” の続きを読む