シリコンスポンジのメリット

メリットとデメリット

弊社で生産するスポンジ製品の7割強がシリコンスポンジとなっております、合成ゴムもあるのですが最近のトレンドでしょうか…シリコンスポンジ人気です。

 

その人気のカラクリは…シリコンのイメージアップが大きいのではないかと。
土曜深夜に放送される情報番組で100円ショップをピックアップしてましたが、注目のアイテムの3割がシリコン製品でした。
それほどひと昔前に比べれば市民権を得ているシリコンですが、ここではちょっとそのメリットデメリットを考えてみます。 “シリコンスポンジのメリット” の続きを読む

充填材とは?

フィラー

ゴムスポンジを作る際にいろいろな添加物を混錬します。

その添加物には加硫剤や軟化剤、発泡剤など何種類もの薬品がありますが、そのなかに充填剤というものがあります。
何となくイメージ良くない感じがしますが…気のせいでしょうか…なぜでしょうか、どうしても「かさまし」のイメージが付きまとう充填剤、原料そのまま100%使うともったいないから充填剤入れて誤魔化すみたいな…そんなイメージ先行型の充填剤をざっと解説。

ちなみにフィラーともいいます。

“充填材とは?” の続きを読む

シリコンスポンジとは?

siliconespongeball

シリコンスポンジとは…

シリコンを原料として架橋剤や発泡剤などの添加剤を混練し、直圧や押出などの成型方法を用い、加熱による発泡剤の熱分解によりガスを発生させることにより、シリコンを多孔性の構造にしたものです。独立気泡と連続気泡の2種類があります。

“シリコンスポンジとは?” の続きを読む

シリコンスポンジの硬度についての考察

硬度チャート

スポンジになくてはならない基準【硬度】について…

ちょっとその前に…
数多くのシリコンスポンジを世の中に出してきたのですが、まだまだ浸透していない、もっと広く知ってもらわなければと日々思っております。
でもここ数年で【シリコン】の知名度は上がったと感じています、皆さんもそうではないでしょうか?最近一気に身近になった感があります。
その原因として考えられるのはキッチンツールであったりスマホのカバーなんかではないでしょうか。これらの爆発的なヒットにより今まで医療用と勘違いされていたり、一部のマニアな人々が使うものだというイメージが払しょくされたといっても過言ではないと思います。

そして本題はそのシリコンシリコンスポンジ硬度について。

“シリコンスポンジの硬度についての考察” の続きを読む

シリコンの2次加硫とは?

二次加硫

ゴムには二次加硫という工程があります。

この2次加硫、弊社ではシリコンとフッ素へおこなってます。

この2次加硫の目的ですが、シリコンゴム成分内に残留してしまう
低分子量シロキサンを高温で長時間加熱処理することにより、
揮発させゴム成分の中から除去する工程です。

その他には「耐熱○○○℃ですよ」とうたうことが良くありますが、これは2次加硫時にその温度までいったん上げているからいえるんです(弊社では)
ちゃんと○○○℃までかけておかないとこれは○○○℃まで耐えれますなんて言えません。
なので弊社ではお客様との打ち合わせ通りの耐熱性を実現するために指定の温度で2次加硫をしています。

実際にどのようにするかといいますと…
【恒温機器】と言われる機械を使用します。
現場では専ら二次加硫釜もしくは釜、ちょっと詳しい方からは恒温槽などと言われております。

ちなみに1次加硫なんてあまり言いませんがプレス成型のことを1次加硫と便宜上言うこともあります。

“シリコンの2次加硫とは?” の続きを読む