シリコンスポンジのメリット

弊社で生産するスポンジ製品の7割強がシリコンスポンジとなっております、合成ゴムもあるのですが最近のトレンドでしょうか…シリコンスポンジ人気です。

 

その人気のカラクリは…シリコンのイメージアップが大きいのではないかと。
土曜深夜に放送される情報番組で100円ショップをピックアップしてましたが、注目のアイテムの3割がシリコン製品でした。
それほどひと昔前に比べれば市民権を得ているシリコンですが、ここではちょっとそのメリットデメリットを考えてみます。

 

考える人
考える人

シリコンスポンジのメリット。

・安全(食品衛生法適合)
・軽い(比重が0.45程度です)
・水に浮きます(フロート用途OK)
・フィット性があがります(止水性や防水性も上がる場合があります)
・手触りがいいです(人肌感覚なので医療モデルにも最適です)
・着色可能です(白・黒はもちろん他色もOK)
・圧縮永久歪が良いです(長く使えます)
・柔らかいです(発泡品ですから・・・)
・ほぼ無臭
・金型成型なのでいろんな形状ができます
・全面に被膜がつきます(金型成型のみ)
・単独(独立)気泡です

thumb-up
thumb-up

メリットはこんな感じです。

メリットがあるということはデメリットもあるということ。
逆にデメリットは・・・

シリコンスポンジ デメリット

・コスト(ゴムに比べると多少時間がかかるのでアップします)
・裂けに弱い(これはシリコン全般に言えますね)
これくらいです。

デメリットが少ないのはひいき目に見てるからかもしれません(笑)

最近では軽さとフィット性で選んでいただいてる案件も多いですね。

今まで苦手だった数の多い製品も少しずつですがトライさせてもらってます。
案件お待ちしております!!

もちろん引き続き合成ゴムの発泡もよろしくお願いいたします。

 

ひとりごと

メリットとデメリットはいちおう英語…
いちおうとしたのは実際にはあんまり使わないから、

え?

そうなんです、確かにメリットなんて聞いたことないよ、日本人からしか。
じゃあなんていうの??

【advantage】

こっちはよく聞くんじゃないかと。

よくスポーツなどでも〇〇選手にアドバンテージがありますねとか、この場合は優位という意味です、ほかはテニスや卓球でデュースの時に1点リードした状態をアドバンテージと言ったりします。

スポーツ以外では日本人はメリットをよく使います、なぜか英語圏からはアドバンテージをよく聞きます。

おそらくですがメリットのが短いですし、言いやすいからではないかと思ってます、長ったらしい英語を使ってると少々調子乗ってる感が出たりもするので常用は禁物?

なので専らメリットをつかっています。

メリットの反対はデメリット

じゃあアドバンテージの反対はディスアドバンテージになるんですけど、言いにくいのは否めない、ここら辺に日本人が使わない理由があるんじゃなかろうか…

まぁとりあえずメリットとデメリットを使ってたら問題ないよってことで。

シリコンスポンジの詳細はこちらをご覧ください。
ちょっと賢くなれるかもしれません。

シリコンスポンジとは?

 

ゴムスポンジ発泡成型の三清ゴム!
ゴムやスポンジで「困った!」ことや相談ならお気軽にお問い合わせください!
シリコンスポンジ、ゴムスポンジの成型なら三清ゴムへ!

facebook / twitter

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です