充填材とは?

ゴムスポンジを作る際にいろいろな添加物を混錬します。

その添加物には加硫剤や軟化剤、発泡剤など何種類もの薬品がありますが、そのなかに充填剤というものがあります。
何となくイメージ良くない感じがしますが…気のせいでしょうか…なぜでしょうか、どうしても「かさまし」のイメージが付きまとう充填剤、原料そのまま100%使うともったいないから充填剤入れて誤魔化すみたいな…そんなイメージ先行型の充填剤をざっと解説。

ちなみにフィラーともいいます。

充填剤とは…

上記のかさましはあると思います、はい。
正しくは充填剤を入れたら結果的にかさましになったってことがほとんどだと思う、いや思われる。

ちなみにゴムスポを作るときにかさまししたら発泡の邪魔になってしまうので基本的には使いません。はいってたりしても材料にもとから入っている充填剤のみで、あとは非補強性充填剤に分類されるタルクですね。

天然なんかはそのままだと本当に時間が経った輪ゴムみたいな感じなので、しっかりしたゴム(黒っぽいやつ)とはかけ離れていると思いきや、充填剤を入れることで、、あら!不思議!よくみるタイヤみたいに黒々マッチョになったわ。
といった感じで性能を上げてくれるものなのです。
ちなみに天然に配合して弾性や引張強度を上げるのはカーボン、これはカーボンブラックのこと。
その他にもシリカや炭カルなどいろいろあります。

充填剤の使い方

 

実際の使い方としては原料と様々な薬品を混錬する過程で一緒に混ぜることがもっとも多いです、非補強性充填剤の代表格としてあげられるタルクは押出時や成型時に滑走を良くしたり離型を良くしたりするときに使われるので材料混錬時ではなく、成型時もしくは成型直後に使用といったところでしょうか。
細かな配合量やタイミング、ブランドなどは機密事項になっていることが多く、そのほとんどは開示されておりません。
ゴムの一般的な配合は生産する工場の数だけあるといわれるほどたくさんあります。

 

充填剤の効果

強度を高める目的=補強性の向上、加工性の向上など、主に性能の向上を図ることができます。
その他にもちょっと前に出たかさまし=経済性ということにしておきます。というのも狙う効果のひとつでもあります。
入っていない材料はないといっていいほど何かと充填剤は入っています、材質によって種類も量も様々で効果も性能の向上とひとことでは言い表せないほどです。とくに引張強度に至っては数倍から十数倍の数値にすることも可能なくらい充填剤の恩恵を受けています。

充填剤まとめ

充填剤は補強性充填剤と非補強性充填剤に分けられます。
前者はカーボンブラックやシリカ。
後者は炭カル、タルク。
細かいところでは炭カルは軽炭と重炭に分かれていて、かさましは重炭、そうじゃないのは軽炭といったところです。

タルク
タルク

いかがでしたでしょうか。
今回も!?マニアックなお話、充填剤まとめでした。

ちょっと難しくもあるEPDMスポンジの成型についてはこちら。

EPDMスポンジの成型品を紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です