シリコンスポンジの硬度についての考察

数多くのシリコンスポンジを世の中に出してきたのですが、まだまだ浸透していない、もっと広く知ってもらわなければと日々思っております。
でもここ数年で【シリコン】の知名度は上がったと感じています、皆さんもそうではないでしょうか?最近一気に身近になった感があります。
その原因として考えられるのはキッチンツールであったりスマホのカバーなんかではないでしょうか。これらの爆発的なヒットにより今まで医療用と勘違いされていたり、一部のマニアな人々が使うものだというイメージが払しょくされたといっても過言ではないと思います。

そして本題はそのシリコンシリコンスポンジ硬度について。

そもそもシリコンとシリコンスポンジは物性などはほぼ同等なのですが、硬度はその尺度、つまり基準が違います。
これは業界内でもよく勘違いされるのですが、まず基準が違うということは測る機械も違います。意外と知られていないかもしれません。

これについてはごちゃごちゃ書くよりも、最もよく使われるアスカー硬度計の製造元である「高分子計器株式会社」さんのホームページを参考にしてみます。

■選定チャート

選定チャート

デュロメータ(ゴム硬度計)は上図に示しているように、試料の種類に応じて様々なタイプが製作されています。ゴム用としてはJIS K 6253準拠のタイプAデュロメータ(アスカーA型)が最も一般的です。しかしながら硬度計は20~90ポイント間を指示している時、最も有意差が出るとされているので、例えばタイプAデュロメータで測定して90ポイント以上を示すような硬い試料にはタイプDデュロメータ(アスカーD型)を使用する方がよいでしょう。逆に、20ポイント以下を示すような軟らかい試料にはアスカーC型、もしくはタイプEデュロメータ(アスカーE型)を選定します。つまり、試料に応じた最も適切な機種を選定することが重要なのです。

と、書いてある通り。

アスカーゴム硬度計A型
アスカーゴム硬度計A型

A硬度計で20°以下の場合はC硬度計で測るのが良いとのこと。
逆に90°以上の場合はD型を使いなさいよとのことですね。

アスカーゴム硬度計C型
アスカーゴム硬度計C型

簡単に言うとゴムはA硬度計でスポンジはC硬度計で測りましょうということです。

たまにゴムでも硬度5°でとても柔らかいとか、特殊硬度などとうたっているものもありますがほとんどがA硬度計でも計測値であったり、そこまで明記されていないもの(どうやって測ったんでしょうか…)がほとんどです。

そもそもゴムの硬度の具合とスポンジでは全く違いますから、用途も違うでしょうし間違えることはないとは思いますが基準が違うので要注意です。

そんな少しややこしいゴムとスポンジの硬度ですが、実際は硬度にも公差がついていてだいたい±5~10あるので、そこまで気にしなくてもいいかなと思います。

ちなみに人肌は約10°です、C硬度計で。

3次元立体ゴムスポンジ発泡成型なら三清ゴム!
ゴムやスポンジで「困った!!」ことや
相談ならお気軽にお問い合わせください!

シリコンスポンジ、ゴムスポンジの成型なら三清ゴムへ!
フェイスブック
http://www.facebook.com/sanseigomu
三清ゴムのカタログ&取扱製品カタログできました!
こちらからダウンロードできます

みんなで楽しく仕事の輪を作りませんか!!
お友達募集中です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です