成型品の価格について…

今回のテーマは価格!!

気になりますよね、場合によっては検討段階にもならないなんてことも??

製品の多くは見積もり段階を経て生産に入るのですが、必ずといっていいほどお金の話が出てきます。当然といえば当然ですが…見積もり出してますからね。
日本の昔ながらの商慣習といったところでしょうか、、細かいところですが徐々に欧米化というか判断が早くなってきていますね。
というのは、見積もりを出してから受注に至るまでのスピードと、出来る出来ないの判断が早いです、以前(数年前)に比べて格段に早くなってきていることは確かです。これを欧米化というかどうか微妙ですが。スピードアップが図られていますねー。ついていけてるかしら…

そして弊社で製造しているゴムスポンジ成型品の価格について。

やはり、気になるのが価格なんじゃないかと思います。
そりゃそうですよね。
展示会などでもすぐにいくらでできますか??なんて聞かれますので…だいたい興味本位でさらっと聞いてくる方々にはすごく大雑把に答えることもしばしば。○○万円なんて答えたりします。
これには深い理由があります、まず在庫品があって売っているわけではないのですぐに価格なんてわからないです、金型代に材料代、それにプレスのチャージ等々、複雑に絡み合っているんです。それに対して即答を求めてきた方にはそれなりの対応といった感じです、仕方ないですよね。あるものを売っているわけではないんですから。わかって欲しいですし分かり合えないと感じたら大雑把ということです。

なぜなら受注生産ですし、同じものは作らないからです。

そんな中、お客様と話をさせていただいても、やはり「高いイメージ」があるようですね。

ゴムの成型品やスポンジの打ち抜き加工品などと比べてしまうとやはりコスト面で高くなる場合が多いです、ほぼ高くなると思っていただいて間違いないです。

なかには金型代を考えていなかったなんて話もあるのでこればっかりはちょっと…ものづくり以前といった感じでしょうか。

少しお高めなのは、理由がありまして・・(決して言い訳じゃないですよ(^_^;))

まず材料を発泡させますので、架橋時間が長くかかるんです。
ゴムの成型と比べると約3~5倍くらいでしょうか。
単純に考えてゴム成型だと1時間で3~4回転するところが1~2回転になるわけです、それほど時間がかかるんです。そのぶん金型の面数を増やしたり取り数を増やしたりして対応するわけですが、これにも限度があります。

あと材料の単価も違います。
発泡品なので特殊グレードを使うことが多く、その分が加算されます、そして発泡剤などもろもろの薬品(こちらも一般に売られているものではないことのが多いので少々お高めです)と材料関係でも特注が多くなります。

また、仕込みの問題で(これは秘密です(笑))自動化できないんです。
この仕込がミソなんですけど、今の悩みどころでもあります・・・

PRESS MACHINES
PRESS MACHINES

そんな理由を熟考して出した見積もりだったりするのでご了承くださればと思いつつ、、、
ただ、企業努力でなんとか還元できないかと、現在は会社と現場が一体となって
お客様ニーズに応える商品開発
を行っているので、製品品質、価格面においても、出来る限りニーズに応えさせて頂いております。

コスト面や品質面でのご要望を是非お申し付けください!!

ゴムスポンジ成型品の価格破壊や~~~!!

ゴムスポンジ成型の三清ゴム!
ゴムやスポンジで「困った!!」ことや
相談ならお気軽にお問い合わせください!

シリコンスポンジの成型なら三清ゴムへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です