ウレタンスポンジの成型とは…

長年ゴムの発泡成形をやっておりますと…

ウレタンスポンジの成型品ってできませんか?」

とのご質問を結構いただきます。長年やってるから当然といえば当然ですが…

嬉しいですね~発泡のことなら何でも聞いてください!!!!
それだけでテンション上がります。

迷惑だなんて思わないでください(そもそも思ってない!?)大丈夫です、スポンジのように柔軟に対応させていただきますから。


ウレタンスポンジは主に硬質軟質で分けられます。
硬質のウレタン発泡品は自動車関連でも多く使われていますので、専門メーカーで成型されておられます、これについては後述します。

軟質…
フワフワ感満載の発泡ウレタンスポンジ成型って、意外にメーカー少ないですね。
意外と身近に軟質発泡品はあったりします、例えば椅子のクッションや自転車のサドル、エアフィルタとか化粧用のパフなんかも軟質のウレタンスポンジですね。

polyurethane foam【軟質ウレタンスポンジ】
polyurethane foam【軟質ウレタンスポンジ】

写真は軟質のウレタンスポンジです。

かなり柔らかくなっております、弊社のゴムスポとはまた違った感触で軽いです、発泡倍率もかなり高めではありますので軽くはなるのですが想像を超える軽さになっています。フィルタやパフと違って被膜もちゃんと形成されているので耐久性の面でもいいです。問題は成型の難しさでしょうか…

ウレタンスポンジでの成型をお考えであれば、、ぜひ一度ご連絡ください、お待ちしております!仕事柄難易度が高ければ高いほどテンション上がりますので。

※後述
硬質ウレタンスポンジ(フォーム)はインテグラルスキンフォーム(インテグラル成型)と呼ばれるものが有名です(あくまでも業界内での話ですが)

これは金型に塗料を塗った後にウレタンを注入することにより、非常に耐久性のある表面層(スキン層)とクッション性を持つコア層を同時に形成することのできる技術で、金型形状の転写性に優れているので細かなシボなども再現可能です。
シボは革の模様のことを指すことが多いです、エッチングとも言います。もっとも使われるのは自動車の内装でダッシュボード周りやハンドル、センターコンソールなどで採用されています、革っぽい模様がついているけど革じゃない細かな模様がついている’アレ’です。

 

製品自体の価格はそれほど高価ではありませんが(これもあくまで工業用品として)金型は少々高価です。
理由はウレタンを硬化させるために加熱するのですが熱源に温水を使うため、金型に温水が通る水路を設けないといけないことと、その設計などに高い技術が必要なため。
仕事柄多くの金型を見る機会があるのですが、複雑というか凝っている金型はこのインテグラル成型用の金型と思いますね。その構造もさることながら製品の形によっては何分割もされているうえに原料(ウレタン)の注入口や温水を通す水路、PLや原料の流れを考えた角度など一種の芸術品のようです。
その多くは門外不出なので写真が出回ることはまずないとは思いますが、機会があれば一度見たほうがいいくらいです。思わず声がでちゃいます。

3次元立体ゴムスポンジ発泡成型なら三清ゴム!
ゴムやスポンジで「困った!!」ことや
相談ならお気軽にお問い合わせください!

シリコンスポンジ、ゴムスポンジの成型なら三清ゴムへ!
フェイスブック
http://www.facebook.com/sanseigomu

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です