ゴムの送り焼きやってます

ゴムの送り焼きってご存知ですか?

大きなOリングを作るときによく使われます、あとOリング以外では長尺物も作ったりします、15mとかそれくらいまでかな。
なぜ押出できるのにわざわざ送り焼きするの?ってそれは公差が違うからですよ~、送り焼きをすることによって金型成型と同じ精度を出すことが出来るからなんですね。

ただソリッドゴムに限られるんですよね、これがポイントかもしれません。
スポンジで送り焼きできたならめちゃめちゃ売れると思うんだけどなー。
φ500とかのスポンジОリング欲しくないですか?
売れるところがあればの話ですが。

スポンジの送り焼きについては研究中ということで…
今の解決方法は長尺品の接着ですね。

ずばりの動画はなかったので近いものを貼っておきます。

イメージはつかめるんじゃないかなと思います。

一応。テキストでも説明しときます。わかりにくいですが。

送り焼きOリングとは、通常の金型成形ではなく、送り焼き(送り接ぎ)と呼ぶ方法で製造した主に大口径のOリングのこと。

通常の金型ではOリングの径と太さが特定のものしか製造できない、しかし送り焼き専用の金型ではひも状のものを複数本つなぎながら加熱溶着と加硫を繰返し、任意の長さにしてから両端をつないで最終的にリング状に加工する。
「つなぎOリング」「継ぎOリング」とも言う。おおよそ内径φ300㎜以上で、材質はフッ素、シリコンなどで、継ぎ目が目立たず、一般的な金型成型品と同等の性能が得られる。

ポイントはφ300以上といったところですね、これ以上大きいとプレスに入らなかったり金型代が半端なく高くなったりするので送り焼きにすることが多いですね、1点ものの金型を作るよりかは違うサイズでも作ることのできる送り焼き用の金型はこういう部分でも流用できるので重宝がられます。

問題は送り焼きはテクニックが必要だということ。

こればかりは昨日入った職人さんやパートの主婦の方々が作ることができる一般的な金型成型品とは大きく違っているところではあります。長年の経験と勘がなければきれいな送り焼きは出来ません、専用の金型と専用のプレスがいりますね、そのほとんどが手動操作のプレスであるがために初心者には扱えません、エア抜きやそのタイミングそしてプレスの癖を見抜いていなければできません。

材料はシリコンやフッ素が多いですね。難しい製品には難しい材料です、単価も高いし失敗も許されません。

こういった、成型方法もあるんです。

ゴムの送り焼き用の金型ラインナップです。
あと最少内径(ID)サイズです。
一般的な丸紐の金型の場合…

φ3×350
φ3.1×350
φ3.2×350
φ3.5×350
φ4×350
φ5×350
φ5.3×350
φ5.7×350
φ6×350
φ7×350
φ8×350
φ8.4×350
φ8.5×350
φ9×350
φ9.5×500
φ10×300
φ11×500
φ12×400
φ13×500
φ14×500
φ15×600
φ16×600
φ17×600
φ18×800
φ19×800
φ20×800
φ21×800
φ22×800
φ24×800
φ25×800

その他、角紐や甲丸などもあります。
お問い合わせはお気軽に。

 

3次元立体ゴムスポンジ発泡成型なら三清ゴム!
ゴムやスポンジで「困った!!」ことや
相談ならお気軽にお問い合わせください!

シリコンスポンジ、ゴムスポンジの成型なら三清ゴムへ!

みんなで楽しく仕事の輪を作りませんか!!
お友達募集中です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です