CR押出ゴム+CRスポンジ詰め加工

何時もご覧いただき誠にありがとうございます。
ホームページをリニューアルして早1か月とちょっと経ちました。
評判は上々??
気を使っていただいているのかもしれませんが、嬉しいですね。

このたびはちょくちょく出ている製品の紹介です。
毎度のごとくかなりマニアックな製品ではありますが…

「CR押出ゴム+CRスポンジ」
という製品も製造しています。

CRゴム押出(帽子型)
CRゴム押出(帽子型)

同時成型できれば全く問題ない製品なのですがゴムとスポンジの同時成型は困難を極めます、出来ないわけではないんです。一部製造していますので。
この製品は同時ではなく、先に押出で作られた製品に後からスポンジ素材を入れて発泡させることにより押出製品だけでは実現できない弾性を手に入れることができます。
上図のCR押出ゴム製品の中にスポンジ素材を入れて発泡させると…

CRゴム押出(帽子型)スポンジ入り
CRゴム押出(帽子型)スポンジ入り

上図のように帽子型の隙間がみっちり埋まりましたね。
これで弾性が上がります。

もともとは押出製品単体で使用されていたものなのですが、現場からの声を反映して改良していったことにより、隙間にスポンジを詰めるという斜め上の発想を持って完成したという逸品ですね。

その当時の現場の声(おそらく船舶関係だと思われます)

「ゴム単体では押さえつけた際に潰れすぎる・・・」
「押さえた後に戻りが悪い」
「クッション性が欲しい」

船舶関係だとエンジンルーム周りのパッキンなんかは防水が必須ですからね、簡単に想像できると思います。もし遠洋でエンジンルームに水が入ってしまってエンジンが止まって動かなくなったら??そんなことにならないようにパッキンには細心の注意を払っていいものを使わないと。

おそらくですが押出製品だけでもパッキンとしてもの性能は問題ないと思います、ただ何回か使用しているうちにだんだんと戻りが悪くなってきて場所によっては隙間が空いてそこから漏れてくるんでしょうね。家庭用のドアのパッキンなんかも何度も何度も開け閉めしているうちに密閉性が失われたりしませんか??同じことだと思います。

三清ゴム工業では数多くのパッキンを作っておりますので経験と知識があります。前述したつぶれすぎるや戻りの問題など相談していただければと思います。

そもそも設計時点でつぶししろの計算が間違っているんじゃないかとも思ったりしますが、あくまで机上の計算で設計し作られることが多いので、設計屋さんのせいにしてはいけません!! でも、いざ生産してみて現場でこんなはずじゃなかったなんてよくあります、設計屋さんごめんなさい。

そんな悩みを解消します。
是非、お問い合わせくださいね!!

 

ゴムスポンジ発泡成型の三清ゴム!
ゴムやスポンジで「困った!!」ことや
相談ならお気軽にお問い合わせください!

シリコンスポンジ、ゴムスポンジの成型なら三清ゴムへ!
フェイスブック
http://www.facebook.com/sanseigomu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です